陶器のお手入れ方法について

完成した陶器のお手入れ

出来上がった陶器は全般的に、ご使用前の目止めと呼ばれる処理が必要となります。目止めによって貫入に染み込む汚れを若干抑え、また土の荒い目をふさぐ役割があります。また、定期的に目止めをすることで細かなヒビをふさぎ商品を永く愛用することが出来ます。

 

小さめ陶器の場合

鍋に器が隠れる量のお米の研ぎ汁を入れてよくかき混ぜ、出来上がった器を入れます。
(研ぎ汁の代わりに水にご飯やお米・小麦粉などをひとつかみ加えたものでも代用できます。)

火にかけて沸騰させ、弱火で約20~30分煮ます。

冷めるまで放置して取り出し、ぬめりを落とすように水洗いして乾燥させて完了です。

 

もう少し簡単な方法は?(又は、鍋に入らない大きな器の「目止め」)

しっかりと乾燥している器の中に、「米のとぎ汁」や、「薄めたお粥」を直接入れてそのままに。 1時間~2時間経ったら器から流し、ふき取ってください。 その後、器を洗ってお使いください。

【注意】

目止めを行っても貫入への染み込みを完全に防ぐことは出来ません。貫入は使い込むうちに色が付きます。また、その様子を育てるように楽しむことが出来るのも和食器の特徴です。

 

》トップページへ